JAAが考えるチャイルドケアとは

すべての命のケアがチャイルドケアです

自然治癒力を高めるホームケア

日本アロマコーディーネーター協会がお届けするチャイルドケアのスタイルは、当講座の講師である松本美佳先生が、ご自身の子育て経験を生かし、自然療法家、セラピストとしての視点で家庭にいるお母さんたちの「お母さん力」や「家庭力」を踏まえ、自然治癒力を高めるホームケアの普及を前提に提案された学習体系です。
アロマやハーブなどの自然療法を取り入れたホームケアを学びながら、子育てについて幅広い見解をもつ内容になっています。

本来の子育てとは、○や×で評価するものでは決してなく、100人の子どもがいれば100通りの子育てやケアがあるはずです。しかし、めまぐるしく移り変わる時代に伴って子育の環境も変化しています。現在は、少子高齢化社会となり、核家族が増えています。子育てに対する不安は年々増加しています。ネット社会となり、便利になった一方で膨大な情報量に不安を募らせることも増えました。また、こうした便利な社会の一方で、コミュニケーションの希薄化が問題視されています。
子育てしている環境の中で身近に相談できる人との関わりが薄れていることも大きな要因となっています。そうした子育て不安を少しでも軽減し、子育てに自信をもち、親子、家族、環境の健やかな生活を提案していくことがチャイルドケアの提案です。

家庭に存在する普通のお母さんができること。これがJAAのチャイルドケアです。
松本美佳先生は、二人のお子さんの子育て経験から母親としてのリアルな目線で、育児、子育てに頑張っているお母さんたちと共に考え、歩む姿勢で皆さんの子育てにエールを送り続けています。

あなたのあなたらしいチャイルドケア

講座を学習する中で、ひとつの答えを求めたり、正しい答えを探したりするケースがありますが、チャイルドケアが示していることは、ひとつの提案に過ぎません。学習を通して、ひとりひとりが、「当たり前のこと」「大切なこと」を見つけたとき、それは全て正解なのです。

自分に自信が持てたり、自分の子育てを誇りに思えたり、あるいは、自分のことを愛でる気持ちや家族を愛しく思える気持ちで満たされることでしょう。そしてそれは「すべての命」であり、地球そのものにも愛されていることに気付くあなたがいるはずです。

さあ、あなたのあなたらしいチャイルドケアをつくっていきましょう!

7つの基本コンセプト

  1. 1.子どもを取り巻くすべての環境から考える
  2. 2.自然療法から考えるチャイルドケア
  3. 3.育児と同じように育母していきましょう
  4. 4.感性を磨きましょう
  5. 5.言葉の大切さを知る
  6. 6.ふれあいとタッチ
  7. 7.「いのち」と「生きる」ことを考えて、伝えていきましょう

  ※チャイルドケア・インストラクターを目指す皆さんは、基本コンセプトの詳細も正しく理解し、周りの方に
    伝えられるようにしましょう。

チャイルドケア講師 プロフィール

講師 松本美佳
JAA加盟校「ナチュラルセラピースクールM's touch」主宰。
出版社にて勤務の後、結婚を機にフリーランスとして編集・ライターなどの活動を行う。'90出産を機に自然療法の可能性に興味を持ち、アロマセラピー、ハーブ療法、アーユルヴェーダなどの自然療法を学ぶ。'97夫の開業に伴い、セラピストとしての活動を開始。'99ホームケアのための自然療法の普及活動としてスクールを院内に併設し、講師として活動。多岐にわたる自然療法を中心に、家庭教育や食育、アートセラピーなど幅広いジャンルで講師、執筆活動を行っている。
講師 松本美佳
監修 松本安彦
「自然療法治療室 松本鍼灸接骨院」院長(東京・大田区)。
柔道整復師。鍼灸マッサージ師。東京医療専門学校本科および柔道整復科卒業。
鍼灸院、接骨院、整形外科勤務の後、'97治療院を開業。東洋医学のほか、自然療法をもちいた治療を積極的に行い、子どものためのケアとしてマッサージや小児鍼も取り入れている。
監修 松本安彦