マザーズクラブ会員の活動についてご紹介いたします。

第4回関西地区チャイルドケア親睦会を行いました (開催日:平成23年8月22日)

チャイルドケア加盟校 『CLOVER HEART』 高美 真理 さん(大阪府吹田市)


 

今回は最初通常の親睦会の予定でしたが、会場が天野さんの自宅マンションということもあり、急遽お知り合いの方々にも参加していただき、逆にCCメンバーでそれぞれ役割を決めて初めてのイベントを試みることになりました。
天野さんに会場手配とゲスト参加者への呼びかけ、当日の司会はCCIの北村さんに進行していただきました。また、バスボム講習会の講師をCCCの太田さんが講師を引き受けてくださいました。
その他の準備作業等は私が担当いたしました。
  
当日は先にCCメンバーで集合。会場の設営・打合せをして、昼食後ゲスト参加者をお迎えしました。北村さん進行のもと全員で自己紹介をしまして、早速太田さんが講師になり、バスボム作りを開始しました。
太田さんよりアロマセラピーと今回使う材料について説明の後、バスボムに入れる精油とパウダーを選びました。子ども達も香りを嗅いで好きな香りがどれかをお母さんと一緒に選んでいました。袋はお母さん用とお子さん用と二つあるので、それぞれすきな香りと色を選ぶことが出来ました。
そして、あらかじめ用意された粉類に色づけパウダーを入れたビニール袋をふりながら混ぜ合わせ、クエン酸を投入してから袋の上から固めました。

小学2年生の女の子3名は仲良くいっしょに並んで、お互いを確認しながら固めていく姿が楽しそうでした。
袋の中身を2分割してラップの上に置き、選んだ精油を垂らしました。
2才の男の子は普段見ない精油に大変興味津々で、いろいろ触ろうとしては止められていました。ラップで握っていくとみるみる固まってきました。5才の男の子達はおとなしく椅子に座って一生懸命ラップを握って固めていました。リボンが配られてラッピング。5年生のお姉ちゃんはお母さんと一緒にリボンをはさみでクルンと丸めて素敵なラッピングをしていました。

バスボム後のお茶会は、子ども達と大人に分かれて大人はユキノシタというハーブティーを飲みました。初めて飲む味でしたがお茶のようにさっぱりしていて飲みやすかったです。そして、アロマのことやチャイルドケアについて、ゲストの方々からどんなことをするのか聞かれて、それぞれのメンバーがチャイルドケアを通じてどんな変化があったかなど体験談を語っていました。子ども達はあっという間にお菓子をたいらげそれぞれに遊んでいました。

初めてのメンバーでのイベントでしたが、こじんまりと楽しい雰囲気の中で進行させていただきました。参加者の皆さんから楽しかったというお言葉をいただいたので良かったと思います。